TASMAKO

TASMAKO – Moments of Tasmania with Mako’s Eyes –

TASMAKO/タスマコ
Moments of Tasmania with Mako’s Eyes

マコの目を通して見るタスマニアの一瞬一瞬

The series of small exhibition of drawings and paintings of Tasmania witch has been sketched by Mako(me!) last three years. Regarding to the graduation from UTAS this Saturday, I decide to have this exhibition to share my sketches of Tasmania with people in Tasmania. I now have a mountain of the sketches and you might find yourself in my sketchbook. Thought provoking Tasmanian life is very precious to me. I would like to take this opportunity to say thank you to everything gave me special memories. Thank you Tasmania.
マコ(つまり私)がここ三年間のタスマニア生活で描きためたスケッチを展示する小さな展覧会のシリーズです。タスマニア大学を卒業することもあり、この機会に一度、私のタスマニアのスケッチを、ここタスマニアで、タスマニアの人たちと共有できたらなぁと思い、展覧会を開催することに決めました。いま私の手元にあるスケッチの山の中に、もしかしたら、あなたも隠れているかもしれません。考えさせられることの多かったこのタスマニア生活は私にとってとても大切な、人生のたからもの、のようなものになりました。特別な思い出をくれたすべての人、もの、ことに感謝します。ありがとうタスマニア。

Commentary from Joanna Eva Pinkiewicz.
ジョアナからの解説
NEW EYES
Drawing is a way of recording for Mako. As a student in her final year of architecture at UTAS, she has been very used to recording and ‘thinking’ in pictures and symbols, it’s a part of her daily practice. Her journals are full of maps, illustrating thought processes, making patterns, connection, branching out, and exploring new possibilities. Both problems and solutions are represented in diagrams or symbols. The creative and logical meet.
真子にとって、絵を描くことは記録すること。タスマニア大学建築学科の最終学年である彼女は絵やシンボルをつかって「思考」し、ものごとを記録することに慣れており、それはもはや日常の動作のひとつ。パターンをつくったり、つながったり、枝分かれしたり、それから新たな可能性を探したりと、彼女の日記帳は思考プロセスを示すイラストレーションや地図で埋め尽くされている。そこに見られるのは、クリエィティブ(創造性)とロジカル(論理)の出会い。
Mako draws from her environment with acute awareness and delicacy.
She proceeds from a beautiful quietness and is capable of capturing a scene or movement with speed and whimsical accuracy. Her images feel warm, honest and familiar.
真子は、気づきと繊細さをもって彼女の周りの環境から描く。
彼女は美しい静けさを助長させ、またそれは気まぐれで、正確で、また速度をもって、景色や動きの一瞬をとらえることができる。彼女の描くイメージは暖かく、誠実で親しみやすい。
What are we privileged to see in her drawings, is our own reflection and a reflection of our own city or island. It’s a reflection tinted with Mako’s aesthetic approach and different cultural heritage, making us look somewhat more exotic.  The familiar feels fresh.
彼女の絵を通して私たちは、私たちの島タスマニアを、私たちの街、あるいは私たち自身を見つめることができる。真子の異なった文化的背景や美的なアプローチを経て立ち現れる私たちは、いくぶん、エキゾチックにもみえる。なじみのあるものが新鮮に感じられる。
Mako’s drawings allow us to look at ourselves providing a chance for reflection on our environment or our life style and what it means to us.
真子の絵は私たちに、私たちの環境や、ライフスタイル、それらが私たちにとってどのような意味があるのか、考え直す機会を与えてくれる。
Enjoy them as much as I did.
どうぞ、楽しんでください。私がしたのと同じように。
Joanna Eva Pinkiewicz
Date:       14th December, Wed– 20th December 2011
Place:      Café Culture
                3 Osbourne Ave, Trevallyn TASMANIA
                next to Trevallyn grocer
                http://www.trevallyngrocer.com/
STILL water
Ritchie’s Mill Launceston, Tasmania Australia 7250
Sushi Bonza
                In the Centerway arcade, Launceston TASMANIA
               School of Architecture and Design, UTAS
Advertisements