About

 Profile 

真子 (まこ)
MAKO. Pen&Paper 代表

2007年 名古屋市立大学芸術工学部卒業 Bachelor  of Design and Architecture, Nagoya City University
2011年 タスマニア大学大学院建築コース卒業
Master of Architecture, University of Tasmania
2013年 MAKO. Pen&Paper 設立
2014年 もよう -アートユニット結成
2015年 WANDERLUST -Stories&Images- オープン

Awards 受賞暦
2011年 Hidden Hobart: People with a City in Mind competition Panel Prize
オーストラリア建築協会タスマニア支部 Hidden Hobart Panel Prize 受賞
2006年 Architecture Institute of Aichi, Student Competition 愛知建築士会学生コンペ 「納屋橋ルネサンス」 優秀賞

Commission Works
2012年 Junction Arts Festival  (オーストラリア)
2013年 あいちトリエンナーレ2013  オープンアーキテクチャ

2013年 あいちトリエンナーレ2013  オープンアーキテクチャ
2013年 CAMP不動産
2014年 朝日新聞+C連載
2014年 門前文化会議
2015年 善光寺花回廊

Who Is Mako?

Mako is an Architectural Journalist who loves Green architecture, environmental ethics, healing spaces, and good environmental treatment. Mako is often found at cafes sketching away or reading happily.
Mako has an academic background of Architecture and Design in Japan and Australia. After the study of design and ‘Arts and Technology’  at  Nagoya City University in Japan, I moved to Tasmania to learn Green Architecture and sustainable development(eg.1/ eg.2). Design research and theory is my favourite method to explore the field of ‘green architecture'(eg.3/eg.4).  The study gave me more passion to study about healing space, and environmental treatment. (eg.5).  Following my graduation as a  Master of Architecture at University of Tasmania, I worked and connected with people in Launceston, Tasmania and engaged in many projects(eg.6/ eg.7). I’m now seeking a new professional challenge in the field of architectural journalism. I would like to contribute to a healthy and beautiful living environment.

Portrait illustration by Robert

建築絵本、建築ジャーナルに取り組む、建築修士(マスター・オブ・アーキテクチャ)。グリーンアーキテクチャー、環境倫理学、ヒーリングスペース、療養環境を専門とする。喫茶店で珈琲を飲みながらスケッチしたり、本を読んだり。ごはんや料理のことを考えたり、おいしいものを囲んでわいわいする時間がとても好き。
日本とオーストラリア二カ国でのアカデミックバックグラウンドを持つ。名古屋市立大学の芸術工学部にてデザインと建築の基礎を学んだのち、グリーンアーキテクチャー(環境に優しい建築)や持続可能な開発について学びにタスマニアへ居を移す(eg.1eg.2)。デザインリサーチ、セオリー(理論)のおもしろさに目覚め、セオリー研究からグリーンアーキテクチャーについて見つめなおすことに(eg.3/eg.4)。人の心と体を癒すような空間、病院などの療養環境への探求へとつながっていった (eg.5)。 タスマニア大学大学院を卒業後は、地域コミュニティーとつながろうと、地元の人とのプロジェクトにいくつか取り組んだ(eg.6eg.7)。現在は日本に拠点を移し、建築ジャーナリズムを軸に活動をはじめた。人々の心と体が癒されてリフレッシュできるような美しい環境づくりに貢献したい。

What Is Architectural Journalism?

Architectural Journalism is about creating articles or sketches which represent the living spaces around us.  It seeks to make people happier and analyse what makes people comfortable.

Advertisements

Recent Posts