Home

Catchlight – Mako: Sketch Journalist from Catchlight on Vimeo.

 “World is beautiful , when you notice …”.
I’m Masako Okaku, I would love to explore, and share, the beauty of the world around us by sketch and the written words.  I love to look carefully our daily life and history the land where we are standing hold. For example, Little buds on a brunch, elegant move of elderly lady, or elephant lowly swaying its nose…
I hope my artworks will bring some awareness how beautiful the world surrounded you is.

日常にひそむ美しいものを見つけ、すくいあげるように描いていています。

身の回りの世界の美しい物事を探求し、あなたとシェアすること。たとえばそれは、枯れ枝の先に小さく芽吹く葉っぱ、輝く白髪の女性がカップを傾ける仕草、むかしある時この時に、大きな鼻をゆっくり揺らしていたゾウ。身の回りの環境をよく観察すること、それから、その土地に眠る古の風景に想いを寄せること。

「世界は美しい、もしあなたが、その美しさに気がつくことができたのならば。」エッセイのような絵とスケッチのような文章で、あなたに届けます。どうぞ目一杯楽しんで下さい、私の作り出すものを通して、あなたの世界を。

大角真子 MASAKO OKAKU

All Rights Reserved.

 

What I can do for you. あなたのためにできること

I have some experiences to produce artifact for a museum, hospitals, welfare facility, a kindergarten, a station, and restaurants.

I would like to contribute to make better environment; a healthy and beautiful living environment. Please feel free to ask me about new project.

Key visual / Wall painting / Sketch Documentation / Installation / Essay with illustration for magazine and newspaper are available.

博物館、病院、福祉施設、幼稚園、駅構内など公共施設、飲食店などの為の壁画制作、ならびにキーヴィジュアルの制作のケンケンがあります。

絵を通して、より心地よい環境づくり(人々の心と体が癒されてリフレッシュできるような美しい環境づくり)に貢献したいと思っています。

キーヴィジュアル・壁画・スケッチドキュメンテーション・インスタレーション・新聞や雑誌での連載(エッセイと絵)など。新規のご依頼、ご相談、お待ちしています。

Works 主な仕事

I made wall painting or drawing for Hospital, Kindergarden, Facility for patients with dementia. My drawing is to bring welcoming and friendly atmosphere into those space. I chose appropriate tool and materials to make the wall painting work together with architecture it self. My academic background, Master if architecture helped me understanding a space.

病院、幼稚園、認知症患者の為のデイサービス施設の為の絵を描いています。あたたかく親しみやすい雰囲気をもたらすことを目標としています。絵でありながら建築空間の一部。描き方(ペンの選び方)や素材については、建築空間と響き合うものをセレクトします。私のアカデミックバックグラウンド(建築修士)が「空間を読み解く」「建築を理解する」ために一役かっています。

At the beginning of my project, I spend hours and hours on the research to come up with my work. For example, I have made a big wall drawing for The Naumann Elephant Museum. The wall drawing has to be nice as a interior, at the same time, my drawing have to be accurate in a scientific way. I talked to curators, Mammologist, geologist and archaeologist and many. I read thesis they wrote. I had to dig in all the thesis…Actually, I literally dug up the soil. I Participated in excavation work, to find Fossils of Naumann Elephants. It was quite fun! I love working for a museum.

プロジェクトの始まりは、リサーチに多くの時間を費やします。例えば、博物館の壁画の場合、建築空間に似合うインテリアとして、来場者をあたたかく迎え入れる絵でありながら、「科学的に正確である絵」を描く必要があります。ナウマンゾウ博物館の壁画制作の際は、学芸員、考古学者、哺乳類学者、地質学者など専門家のお話を伺い、論文を読みこんで、掘り下げてから制作に臨みました。余談ですが、発掘調査にも参加しました。ナウマンゾウの化石を見つける貴重な経験に心躍りました。博物館の壁画制作ならびに、キーヴィジュアル作成、グッズ制作などご相談ください。

 

– Career Achievement 過去の主な仕事 –

‘Junction Arts Festival 2012’ /ジャンクション・アーツフェスティバル(2012)・‘Aichi Triennare 2013’ /あいちトリエンナーレ(2013)・CAMP real estate project /CAMP不動産(2013)・Serialization in Asahi Newspaper/朝日新聞+C連載(2014)・Nagano Station/長野駅 100 stories (2015)・/まちくらしたてもの案内所(2015)・Matsumoto antique Marcket./まつもと古市(every month from 2015 – now)・82Debit Card/八十二銀行デビットカード (2019)・‘Lake Nojiri Naumanzou Museum’ /「野尻湖ナウマンゾウ博物館」(2018)・Wall painting for welfare composite facility of ‘outpatient Long-Term care for dementia patients‘ and ‘nursery for 0-3years old’.  /「みんなのお家岐南/ぐるんぱルーム」認知症対応型デイサービス+企業主導型保育園(3歳以下の小さな子どもの保育園)の為の壁画(2019)など

Masako Okaku

If you ask me who I am?

I call myself “a sketch journalist”
What I mean by “journalist” is, my artwork is based on my journal, diary of my experiences and explorations.
I’ve  been with my style of sketching as a work since 2012 ; around the same time when I completed my master degree in Tasmania.
「スケッチジャーナリスト」と自分で名乗っています。直訳すると「絵日記師」といったところでしょうか。ジャーナルとは日記のこと。自分の体験したことや、探究した世界について日記に書くように、絵を描いています。このスタイルで、お仕事をはじめたのは2012年、タスマニアで修士号を取得したのと同じくらいの時期から、今まで続けています。
-Profile 略歴-

2007  Bachelor  of Design and Architecture, Nagoya City University・名古屋市立大学芸術工学部卒業

2011  Master of Architecture, University of Tasmania・タスマニア大学大学院建築コース修了、修士号取得

2012  Started career as a “Sketch Journalist “ in Tasmania, Australia.・オーストラリアにて「スケッチ・ジャーナリスト」として仕事を始める

2013  Started business as a “MAKO. Pen&Paper” in Japan.・日本で“MAKO. Pen&Paper”として活動を開始。

2015   “WANDERLUST -Stories&Images- ” Open in Nagano Japan.(-2019)It’s a space with sketch, flower and piano.・絵と花とピアノとのある空間 「WANDERLUST」を長野市にオープン。

2020  Keep working in Gifu city, Gifu prefecture.・岐阜県岐阜市を拠点に全国各地で活動中

 

Awards : 受賞暦

2011  Hidden Hobart: People with a City in Mind competition Panel Prize・オーストラリア建築協会タスマニア支部 Hidden Hobart Panel Prize 受賞

Contact